ユーラスエナジーグループの特長

長年にわたり手がけてきた再生可能エネルギーの開発 

1986年にアメリカで風力発電事業をスタートさせて以来、一貫して再生可能エネルギーによる
発電事業に従事してきました。 ユーラスエナジーグループのグローバルな事業展開には、この事業分野における
四半世紀以上の実績がいかされています。

米国・欧州・アジア 大洋州の3地域に事業リスクを分散

世界の3つの地域で事業を展開し、発電設備を分散して所有しているため、各地域での風況変動や
エネルギー政策の転換等による事業リスクを分散しています。

開発・工事・運営まで一貫して推進

ユーラスエナジーグループは、事業における3つのフェーズにおいて、
専門的・技術的な経験とノウハウを活かしてプロジェクトを推進しています。

開発・運営上のコストダウンとシステムの稼働率向上に注力

立地に応じた工事方法の工夫、風況や日照条件に最適な施設設計など、
ユーラスエナジーグループでは、常にコストダウンに取り組んでいます。
またトラブル発生時も迅速に対応できるように、運転保守要員が施設内に常駐。
風力発電の安全運転と稼働率向上に努めています。