人材育成制度/人事・福利厚生制度
SYSTEM

人材育成制度

当社には、グローバルに活躍する人材を育成する制度が整っています。人材育成の基本は、実際の業務において上司や先輩社員の支援を受けながら、経験を積み、必要な能力・スキル・知識を伸ばし拡げていくことです。こうしたプロセスは人事評価制度を通じて補強されます。これに加えて、階層別に研修体系が整備されており、体系的に必要なスキル・知識を獲得することが可能です。研修の内容には、階層別基本行動研修、ビジネススキル研修、語学研修などがあり、これらの研修の形態は集合型研修に加え、eラーニング・通信教育でも用意しています。また、当社独自の研修に加え、豊田通商グループの研修も受講可能です。

人事評価制度

能力評価と、成果評価の2つの評価が行われます。能力評価では、階層ごとに求められる能力に基き、年に1回、業務における能力の発揮度合いを評価します。より上位の等級に昇格していくためには、この評価結果が一定以上であることが必要です。成果評価では、個々人のその期の成果達成度合いを評価していきます。貢献度の高い社員ほど、賞与額が大きくなるように処遇制度が設計されています。

階層別研修

新入社員、若手社員、中堅社員、管理職など期待役割がより大きくなるタイミングごとに、各階層で求められる基本的な姿勢、行動、ヒューマンスキルなどについて、自身の到達状況を振り返り、今後の一層の能力開発のために強化/改善すべきポイントを学んでいただく研修です。それぞれの研修は2日〜3日程度の集合研修をベースに、その前後に課題を取り入れ、単なる座学ではなく、職場での実践に重きを置きながら進めています。

ビジネススキル研修

事業を推進していくうえで必要となるビジネススキルを学ぶための研修です。戦略立案、マーケティング、ファイナンス、アカウンティングなどMBA関連のテーマについて学ぶ研修や、ロジカルシンキング・ロジカルライティングなどの基礎的なビジネススキルを学ぶ研修、法律・保険・物流などの実務的な知識を習得するための研修、そして当社独自の研修として風力発電の技術的基礎を学ぶ研修など、幅広い講座を用意しています。

語学研修

グローバルに事業を展開している当社においては、語学力も重要なスキルの一つです。特に英語は不可欠であり、海外赴任や海外出張だけでなく、英語での電話やメール、来客応対をする機会も多くあります。それらの機会に備え、習得レベル別に、英会話や英文ライティングの研修を定期的に実施しています。また、一定階層以上に昇格するために、TOEICで650点以上のスコアを習得することを必須としており、TOEICの社内受験の機会を用意すると共に、スコア未到達者へのフォローアップのために通信教育も実施しています。

海外実習制度

若手社員を対象に、当社の海外にある子会社で、1~2年程の現地での業務や、海外での生活を通じてグローバル人材として必要な様々な能力やスキルを学ぶ機会を提供しています。これまで、アメリカ、フィンランドにて実施した実績があります。

資格取得報奨金

高度な専門業務を行う当社では、自身の知識を対外的に示すことができる高度専門資格の取得を推奨しています。技術系では、電気主任技術者や技術士、その他の部門でも会計士や税理士などの資格を取得した際には、30,000円〜300,000円の資格取得報奨金を受けることができます。

人事・福利厚生制度

選択型福利厚生制度

社員のレジャーや自己啓発、仕事と家庭の両立のための施策として、年間35,000円の手当の支給と会員制福利厚生サービスの利用を推奨しています。旅行や趣味の活動を通じてリフレッシュするため、あるいは自身の一層のスキルアップ、看護・育児・介護補助のため、多くの社員がこの制度を利用しています。

永年勤続休暇・補助制度

当社での勤務が10年、20年、30年の節目を迎えた社員は、5~10日の休暇を取得することができます。また、それに伴い家族との旅行や食事会などの費用について、一定額の補助を受けることができます。

退職金制度

ポイント型の退職金制度を導入しています。等級や勤続年数に応じて毎年一定のポイントが付与され、退職時に一時金として受け取ることが可能です。