Our Project

2015年03月03日 - 東北における2つの大型太陽光発電所の営業運転開始

当社グループが、宮城県と福島県で建設を進めていた2つのメガソーラーが完成し、3月2日より営業運転を開始しました。

2つ合わせた総出力は2万2,000kW(交流)で、宮城県および福島県においてはそれぞれ最大級の規模となり、発電した電力は東北電力株式会社へ売電いたします。

両案件ともに東日本大震災を受けて開始された「再生可能エネルギー発電設備等導入促進支援対策事業(再生可能エネルギー発電設備等導入促進支援復興対策事業費補助金)」(注)の対象事業であり、当社グループがこれまでに培ってきた太陽光発電に関するノウハウと経験を活用することにより、被災地での太陽光エネルギーの有効活用が可能になります。

 

これらの施設の完成により、当社グループの太陽光発電設備容量は国内で8万4,000 kW、世界では約13万kWとなります。

 

(注):東日本大震災の被災地において再生可能エネルギー発電設備に対する導入補助を行うことより、

    内外の経済的社会環境に応じた安定かつ適切なエネルギーの需給構造築を図ることを目的とした制度
 

【発電所概要】

1. ユーラス天明ソーラーパーク

所在地  : 宮城県丸森町および福島県相馬市

総出力  : 14,000kW(交流)18,757kW(直流)

モジュール: シリコン系多結晶太陽電池(カナディアン・ソーラー社製)

        

 

2. ユーラス矢吹中島ソーラーパーク

所在地  : 福島県西白河郡矢吹町・中島村

総出力  : 8,000kW(交流)12,183kW(直流)

モジュール: シリコン系多結晶太陽電池(京セラ社製)