Our Project

2016年08月30日 - 南米における当社2件目の風力発電所の完工について

当社グループとして南米のウルグアイにおける2件目の風力発電所が、今年8月に本格稼働となりました。このプロジェクトは、1件目のミナス風力発電所と同様に、フランスを拠点とする再生可能エネルギー事業者であるAkuo Energy SAS(アクオ)と共同で推進してきた案件です。

発電所は首都のモンテビデオから北にあるフロリダ県に、1基あたり3,300 kWのヴェスタス社製の風車を15基設置したもので、総出力は49,500kWとなります。ミナス風力発電所とあわせると、ウルグアイにおける当社グループの設備容量は9万1,500kWとなります。

 ウルグアイは10年足らずで政府の補助金なしに、二酸化炭素排出量を大幅に削減し、また現在では水力を含めた再生可能エネルギーは国の総発電量の95%を占めています。なお、風力発電の導入量については、2015年末で84万5,000kWですが、2018年までに150万kWの導入目標を掲げています。

 当社グループとしては同国における2件の風力発電所の実績を足がかりに、中南米における更なる事業展開を進めていきます。

 【フロリダⅡ風力発電所概要】

  • 所在地  : ウルグアイ          (フロリダ県)
  • 発電規模 : 49,500 kW           (3,300 kW x 15基/ヴェスタス社製)
  • 事業会社 : Glymont S.A.           (グライモン)
  • 出資構成 : ユーラスエナジーグループ  43.5%  
                          Akuoグループ       56.5%
  • 売電先  : Administración Nacional de Usinas y Trasmisiones Eléctricas
            (UTE:ウルグアイの国営電力会社)