Our Project

2014年12月11日 - 出雲における風車ブレードの破損事故について

 本年11月17日に発生しました、当社グループのユーラス新出雲(しんいずも)ウインドファームにおける風車のブレード破損事故につきましては、落雷に因るものと推定され、本日中国四国産業保安監督部へ電気事故報告書を提出しました。

 雷撃への対応については、経済産業省作成の「落雷事故を踏まえた今後の再発防止対策等について(中間報告書)」に基づき対応を進めておりますが、今回の事故を受けて更に対策を強化いたします。

 近隣の皆様ならびに関係者の皆様には大変ご迷惑・ご心配をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます。今後とも安全の確保を最優先に考え、風力発電所の安全・安定運転に努めます。

2009年05月21日 - 国内最大の新出雲(しんいずも)風力発電所の竣工について
当社グループが株式会社きんでんと共同で建設を進めていた国内最大規模の新出雲(しんいずも)風力発電所(総出力7万8,000kW)が完成し、 5月20日に100名を超える関係者の参列のもと竣工式が執り行われました。

2007年2月から2年間にわたって建設を進めてきたこのサイトには、日本では初めてとなる1基3,000kWの大型風力発電機が 26基設置されています。この風力発電機はデンマークのヴェスタス社製を採用しており、タワーの高さは75メートル、 ブレードの長さは44メートルになります。 なお、この風力発電所は当社グループにとって、中国地方では初めての事業となります。

売電先の中国電力とは17年間の長期売電契約を結んでおり、一般家庭約4万世帯相当分の電力を供給するとともに、 年間8万5,000トンの二酸化炭素の削減効果が見込まれます。

この発電所の完成により、当社グループの操業中の総設備容量は、日本全体で約43万kW、全世界では約182万kWとなりました。

2007年02月19日 - 国内最大となる新出雲(しんいずも)風力発電所の建設開始について
当社グループと株式会社きんでんは島根半島に国内最大となる総出力78,000kWの新出雲(しんいずも)風力発電所の建設に着手 いたします。去る2月17日に、出雲市長や島根県の関係者をはじめとする約100名の出席者のもと、出雲市において 安全祈願祭が執り行われました。

今回のプロジェクトでは1基あたりの出力が3,000kWというヴェスタス社製(デンマーク)の風車を26基設置しますが、 このような大きな規模の発電機の採用は日本で初めての事例となります。また、当社グループにとりましては中国地方で 初の事業となります。工事は2007年2月に着工し、2009年度より営業運転を開始する予定であり、発電した電力は中国電力へ 売電します。

当該建設予定地は自然が豊かで、良好な景観形成に努めるべき地域であることより、周辺の環境に対しては十分な配慮を したレイアウトとなっています。

2005年3月に2市4町が合併して誕生した出雲市は、「21世紀出雲グランドデザイン」 を策定しており、その中で再生可能 エネルギーを活用し、環境と調和した産業振興を図ることを目指しています。同市にとっても今回の風力発電事業に 対する期待は大きいものとなっていますが、当社グループとしても地元からの期待と信頼に応え、安全な工事と予定通りの 完工を目指してまいります。