Our Project

2006年09月20日 - 韓国最大の風力発電所の完成について
当社グループにとり、日本以外でアジア初の案件となる韓国ガンウォン(江原)ウインドパークは、昨年末より第1期 (2万8,000kW)が商業運転を開始しておりますが、このたび残りの第2期および第3期の建設工事が完工し、 フル稼働となりました。総出力9万8,000kW(2,000kW×49基)のこの発電所は韓国最大の規模となります。

発電所のある江原道大関嶺(デガンリョン)は、ソウルより東に150km離れた韓国北東部に位置し、標高約800mの丘陵地に あるため、晴れた日には日本海も一望できます。この一帯は1年を通して平均毎秒7mを超える風が吹き、風力発電には適した 場所です。また、周辺は山や海、湖など自然が豊富で、韓国でも有数の観光地として映画のロケにもしばしば登場する 場所ですが、高さが100mにもおよぶ風車群は新たなシンボルとして話題を呼ぶものと地元から期待されています。

また、本件は京都議定書に基づくCDM(クリーン開発メカニズム)プロジェクトとして国連にて承認済みです。

韓国では2011年までの風力発電の導入目標を225万kWと掲げていますが、2005年末現在では約12万kW(*)にとどまっています。 さらなる導入促進にむけて、韓国政府は先月末、「新再生エネルギー利用発電電力の基準価格指針」の改定を行い、 優遇価格による電力の買い取り制度の対象を、これまで本年10月10日までに商業運転を開始する案件のみとしていたものを、 2020年10月10日までの案件に拡大しました。このように政府の積極支援策が打ち出されたことにより、同国における風力発電は 今後ますます普及することが期待されます。

当社グループとしては、このような事業環境を追い風とし、韓国を重要な市場と位置づけ、さらなる事業展開を行っていきます。

* Windpower Monthly 2006年7月号

2005年12月12日 - 韓国における営業運転開始について
当社グループにおいて、アジアでは初の海外プロジェクトとなる韓国ガンウォン(江原)ウインドパークの第1期建設工事 (2万8,000kW)が完工し、12月12日より営業運転を開始しました。

本プロジェクトは韓国江原道大関嶺(デガンリョン)に総出力9万8,000kWの風力発電所を建設するもので、2006年9月までに 残り7万kWを建設する予定です。建設・運営を担当する事業会社には現地企業や丸紅なども出資しており、京都議定書に 基づくCDM(クリーン開発メカニズム)プロジェクトとして国連への登録も申請する予定です。なお同申請には 本プロジェクトに対する日韓両国政府からの承認が必要となりますが、日本政府からは本年10月に既に承認を取得しており、 韓国政府からも本年12月中には承認を取得できる見込みです。

韓国は、2011年度までの風力発電の導入目標を225万kWと定め、導入促進のための優遇価格による電力買い取り制度など、 積極的な支援策を打ち出しています。同国における風力発電事業は今後、さらに加速度的に普及するものと期待されます。

当社グループは日本・米国・欧州を拠点にグローバルな展開を進めておりますが、新たに韓国を重要な市場として位置づけ、 本格的事業展開を図るために、本年8月に現地法人であるEurus Energy Korea Corporation(所在地:ソウル特別市江南区)を 設立しております。
2005年06月03日 - 韓国最大の風力発電事業に参画
ユーラスエナジージャパンは、日本においてこれまで18万kWを超える風力発電事業を操業しておりますが、このたび 新たな市場として韓国最大手の風力発電事業者であるユニスン社が主体で推進中の同国最大の風力発電事業 (総出力9万8,000kW)へ資本参加することを決定いたしました。

総プロジェクトコストは約160億円、建設予定地は韓国北東部の江原道大関嶺地区で、株主間協定書及びプロジェクト ファイナンスの融資契約も締結済です。本年4月より建設を開始し、2006年9月には全基(49基)が商業運転を開始する 予定です。

韓国では、2003年末に発表された新エネルギー技術開発普及基本計画において、風力発電の2011年度の導入目標を225万kWと 決定しております。さらに導入促進のために、「長期優遇価格の適用(15年間107.66韓国ウォン/kWh)」などの積極的な 支援策が打ち出されたことにより、同国での風力発電事業は今後加速度的に普及するものと期待されます。本事業は この国策を背景に風力発電事業の拡大を図るユニスン社よりの招聘を受けて参画するものです。

ユーラスエナジーグループは、今までに培ってきた日本・米国・欧州での風力発電事業(操業中設備容量:102万kW)の 経験とノウハウを活かし、本事業を推進いたしますが、これを契機に、今後は新たな市場として韓国での風力発電事業を 本格的に展開していく方針です。

事業会社 概要

会社名
ガンウォンウインドパワー
資本金
約378億韓国ウォン(約38億円)
資本構成
ユニスン
35%
アクシアパワーホールディングス
(丸紅㈱のオランダの投資子会社)
30%
ユーラスエナジーインベストメンツ
(ユーラスエナジージャパンのオランダの投資子会社)
10%
25%
総事業費
約1,604億韓国ウォン(約160億円)
総出力
9万8,000kW (2,000kW×49基)
売電先
韓国電力取引所(政府の長期優遇価格買取制度に基づき代金決済)
売電期間
15年間以上