Our Project

2008年06月05日 - 当社初の太陽光発電所の完成について
当社グループとして初めての太陽光発電事業となる、韓国の「西南淳昌(スンチャン)太陽光発電所」が完成し、本日、地元の自治体や 関係者の参列のもと、同施設内で竣工式が執り行われました。 出力994kWの施設で発電される電力は韓国電力公社の系統に送られ、クリーンエネルギー利用に寄与していくこととなります。

近年、風力発電と並びますます成長が期待されている太陽光発電は、事業の推進に必要な許認可の取得や系統連系、 発電所の建設や運営などの面において風力発電事業と多くの共通点があります。 当社グループは現在、アジア・アメリカ・ヨーロッパの3地域6カ国で合計149万kWの風力発電設備を操業しておりますが、 韓国においても同国最大のウインドファームを運営しているのをはじめ、韓国各地で積極的に風力発電設備の開発・建設を 進めていることから、これまで培ってきた風力発電事業の経験とノウハウを太陽光発電事業に活かすことが可能と判断し、 再生可能エネルギーの導入に積極的な韓国において同事業を開始することといたしました。

当社グループとしては本発電所の安定した操業を確保するとともに、今後も再生可能エネルギー分野での新たな事業拡大を 追求しながら、「クリーンエネルギーの普及・拡大を通じ、地球環境保全の一翼を担う」という企業理念の実現を目指します。

事業概要
発電規模
約 994kW(三菱電機社製太陽電池モジュール)
所在地
韓国全羅北道淳昌(スンチャン)郡
設置面積
約29,000m²
事業主体
西南太陽光発電株式会社/韓国光州広域市 (ユーラスエナジーグループ100%出資)
売電先
KPX (韓国電力取引所)
2008年01月04日 - 韓国で太陽光発電事業を新たに開始
当社グループは2002年の発足以来、風力発電事業を専門に事業を展開してまいりましたが、この度風力発電同様、クリーンで 無尽蔵な太陽光を利用した発電事業を開始いたします。

本事業の第一弾として、韓国の全羅北道に出力1,000kWの太陽光発電所を建設し、2008年6月の商業運転開始を目指します。

1. 太陽光発電事業への進出の背景
地球環境問題への対応や化石エネルギー資源の保全が世界共通の課題となっているなかで、当社グループは風力エネルギーに いち早く着目し、発足以来風力発電事業を専門とし、日本、米国、欧州を拠点としてグローバルな事業展開を進めております。

風力発電の先駆者として実績を上げてきた結果、現在、アジアで35万kW、米国で34万kW,欧州で64万kWと、6カ国で合計 約134万kWを操業しております。

近年、風力発電と並びますます成長が期待されている太陽光発電ですが、事業の推進については候補地の選定から始まり、 発電所の建設や運営に至るまで、その形態が風力発電事業と極めて似ております。当社グループとしては、今まで培ってきた 風力発電事業の経験とノウハウを同事業に活かすことが可能と判断いたしました。

また、韓国政府は2011年までに総発電量の5%を再生可能エネルギーにより調達するという目標を掲げ、その中で、 風力発電については2011年における導入目標を170万kW、同太陽光発電については100万kWと設定し、様々な支援策を 打ち出しています。

当社グループとしても、韓国において本格的な風力発電の事業展開を図るために、現地法人である Eurus Energy Korea Corporation(所在地:ソウル特別市江南区)を設立し、江原道大関嶺(デガンリョン)にて韓国最大の 風力発電所を手がけるとともに、他の地域にても積極的に取り組んでいます。一方、太陽光発電に関しても事業環境を追い風と 捕らえ、有望地域における各種調査を行ってまいりました。

その結果、この度韓国国内でも年間を通して日射量が多い地域の一つである全羅北道の淳昌(スンチャン)郡において 太陽光発電事業を推進することといたしました。

2. 事業の概要
発電規模
1,000kW(三菱電機社製太陽電池モジュール)
所在地
韓国全羅北道淳昌(スンチャン)郡
設置面積
約29,000m²
操業開始
2008年6月
事業主体
西南太陽光発電株式会社/韓国光州広域市(ユーラスエナジージャパン100%出資)
売電先
KPX(韓国電力取引所)


3.今後の展開
再生可能エネルギーの活用は、化石燃料依存率を低め、全世界的な課題である地球温暖化の抑制、持続可能な経済発展に 寄与するため、社会貢献度の高い事業分野としてその成長はますます期待されております。

当社グループは本件を着実に推進することにより、「クリーンエネルギーの普及・拡大を通じ、地球環境保全の一翼を担う」と いう企業理念のもと、更なる企業価値の向上に努めてまいります。