Our Project

2011年09月13日 - ノルウェーにおける当社初の風力発電所の竣工について

 当社グループがノルウェーで建設を進めていた日本企業初の風力発電所が完成し、9月10日に現地にて竣工式が執り行なわれました。
 竣工式にはソーレイム(Solheim)環境開発大臣をはじめとするノルウェー政府や地元の関係者、および城田安紀夫・駐ノルウェー特命全権大使ほか約250名が出席しました。
 環境開発大臣からは、ノルウェー・日本両国の協力による本プロジェクトの無事完工に対する祝意と、今後の風力発電のさらなる発展への期待が述べられました。

 この発電所は、ノルウェーの南西岸にあるスタバンガー市の南方約40kmの丘陵地に、シーメンス社製2,300kWの風車を26基設置した総出力59,800kWの規模で、ノルウェー最大級の施設です。発電した電力は電力取引業者のEGL社(*)に売電します。

 ノルウェーは水資源が豊富で、自国の電力のほとんどは水力発電により賄われています。一方、風資源にも恵まれていることより、政府としては環境に負荷の少ない発電による多様化を目指し、風力発電の導入促進のために支援策を打ち出しました。本プロジェクトも政府からの補助金の支給を受け、完成に至りました。

 ノルウェーは再生可能エネルギーの一層の拡大を目指しており、2012年からはスウェーデンとの共通グリーン証書制度の創設を予定するなど、積極的な導入政策を進めています。当社グループとしては、今回の発電所の完成を足掛かりに、こうした事業環境を追い風としつつ、北欧市場におけるさらなる事業展開を進めていきます。

(*) Elektrizitäts-Gasellschaft Laufenburg(EGL) Nordic社

発電所概要
  • 発電所名:  Høg-Jæren EnergiPark (ホグ‐ヤーレン エネルギーパーク)
  • 所在地:   ノルウェー南西岸ロガランド県スタバンガー市の南約40km
  • 規模:     59,800kW (2,300kW x 26基/シーメンス社製)
  • 総事業費:   約1億4千万ユーロ


 

2010年09月01日 - ノルウェーにおける当社初のウインドファーム建設開始について
当社グループはノルウェーにおいて、日本企業としては初めてとなる風力発電所の建設を開始しました。 発電所の建設予定地は、ノルウェーの南西岸にあるスタバンガー市の南方約40kmの丘陵地で、1基あたり2,300kWの風車を26基設置します (総出力59,800kW)。

当社グループは地元の開発会社が進めていたこのプロジェクトに2005年に参画するとともに、2008年には現地法人であるユーラスエナジー ノルウェーを設立し、当社グループとしては北欧で初となる風力発電事業の実現に向けて準備を進めてきました。

このたび各種の許認可等が取得できたことにより、本格的な工事を開始しました。営業運転は来年秋を予定しており、発電した電力は電力取引業者の EGL社(注)に売電します。

ノルウェーは日本とほぼ同じ国土面積ですが、人口は500万人弱しかなく、1人当たりの電力消費量は世界最高レベルの電力多消費国です。 水資源が豊富で、自国の電力のほとんどは水力発電により賄われていますが、政府としては環境に負荷の少ない発電による多様化を目指しており、 水力以外の再生可能エネルギーの導入促進を進めています。再生可能エネルギーについては2016年までに300億kWhに、 中でも風力発電については2010年までに30億kWhにするという目標を掲げています。

当社グループとしてはこのような事業環境を追い風として、スペイン・イタリア・英国という既存市場に加え、ノルウェーを始めとする北欧市場にも 注目し、さらなる事業展開を進めていきます。

(注) Elektrizitäts-Gasellschaft Laufenburg(EGL) Nordic社



発電所概要
発電所名
Høg-Jæren EnergiPark (ホグ‐ヤーレン エネルギーパーク)
所在地
ノルウェー南西岸ロガランド県スタバンガー市の南約40km
規模
59,800kW (2,300kWx26基/シーメンス社製)
総事業費
約1億4千万ユーロ