Our Project

2004年06月07日 - 東北地方における大型風力発電案件にガメサ社(スペイン)の風力発電機採用を決定
株式会社ユーラスエナジーホールディングスの100%子会社である株式会社ユーラスエナジージャパンは、 東北電力株式会社の平成15年度大規模風力発電入札において落札した青森県上北郡野辺地(のへじ)町地区での5万kW風力発電 案件および青森県下北郡東通村尻労(しつかり)地区での1万2,000kW風力発電案件において、スペインにあるガメサ・エオリカ社 (GAMESA EOLICA:以下「ガメサ社」という)製の2,000kW機(機種名:G80)をそれぞれ25基および6基の合計31基を 使用することを決定し、同社と今年中に発電機購入契約を締結することといたしました。建設工事は、平成17年7月 頃に着工し、平成18年11月頃には商業運転を開始する予定で、風力発電機は平成18年2月頃に船積される予定です。

ユーラスエナジージャパンの親会社であるユーラスエナジーホールディングスは、株式会社トーメンの100%子会社で あった株式会社トーメンパワーホールディングスが、平成14年9月に東京電力から50%の出資を受け設立された 風力発電事業会社であり、傘下には日米欧のそれぞれの開発拠点であるユーラスエナジージャパン、ユーラスエナジー アメリカおよびユーラスエナジーヨーロッパの3地域事業会社を有して、世界規模での風力発電を主力としたクリーン エネルギーによる売電事業を展開しております。また、平成16年3月にはトーメンから東京電力へさらに同社の 発行済株式総数の10%が譲渡され、現在のユーラスエナジーホールディングスの株式構成は東京電力60%、 トーメン40%となっております。

一方、ガメサ社は、航空機の製造なども手掛けているガメサグループの風力発電機製造部門会社で、2003年末時点で 全世界に400万kW以上の風力発電機を供給しており、風力発電導入国第2位のスペインにおいて60%以上ものシェアを 誇っております。同社は2000年10月にスペイン証券取引所に一部上場しており、また2002年にはスペインの同じ 風力発電企業であるマデ(MADE)社を買収し、全世界でのマーケットシェアの11.5%(第4位)を占めております。

ユーラスエナジーグループは今後も引き続き「地球温暖化ソリューションの一翼を担う」という理念のもと、 国内を含む世界規模でのクリーンエネルギーの開発について積極的な事業展開を進めてまいります。
2003年11月13日 - 尻労(しつかり)ウインドファームで竣工式を開催
ユーラスエナジージャパンは2003年10月、青森県東通村尻労(しつかり)地区に建設した「尻労(しつかり)(しつかり)ウインドファーム」の営業運転を開始、11月13日に竣工式を開催しました。

国内最大の単機出力1,750kWの風車11機を設置し、総出力は1万9,250kWとなり、 2001年11月から操業している同村の「岩屋ウインドファーム」と合わせると、同一事業者としては国内最大規模のウインドファームとなります。

 

2001年10月09日 - 東通村尻労(しつかり)で風力発電の増設を計画
トーメンは青森県東通村尻労(しつかり)(しつかり)地区に設備容量1万9,250kWの風力発電事業を計画、 2003年秋の完成を 目指しています。デンマークのベスタス社製の最新鋭大型風車11機を採用、単機出力1,750kWは国内最大となります。 東通村では岩屋地区の「岩屋ウインドファーム」が完成し、 2001年11月に商業運転開始を予定しており、尻労(しつかり)地区が 完成すれば、東通村の事業は同一事業者としては国内最大規模のウインドファームとなります。

本事業では東北電力との間で電力受給仮契約を2001年6月に締結し、 9月には経済産業大臣による新エネルギー 事業者認定を受理、 NEDOの補助金交付も内定しています。今後は国内の風力発電事業で2005年までに30万kW、 2010年までに100万kW規模を目指しています。