Our Project

2016年07月22日 - ユーラス福島川内ソーラーパーク竣工式開催

当社グループが福島県川内村にて建設を進めておりました、ユーラス福島川内ソーラーパーク (総出力4,000kW(交流))が完成し、7月21日に地元関係者や工事関係者参列のもと竣工式が執り行われました。

本施設は、福島県川内村の北西部に位置する高塚高原を有効利用し、約13ヘクタールの土地に約19,000枚の太陽光パネルを設置したもので、一般家庭の約1,300世帯相当分の電力を供給するとともに、年間約2,500トンの二酸化炭素の削減効果が見込まれます。

既に7月15日より営業運転を開始しており、発生した電気は既設の当社自営送電線を経由して東京電力の新福島変電所へ送電します。

当社グループは福島県内において風力発電所1件と、太陽光発電所2件が操業中で、本件は同県における4件目の発電事業となります。また、現在いわき市を事業予定地とする風力発電事業2案件についても環境影響評価の手続きを進めており、今後も福島県を重要地域の一つとして、再生可能エネルギーの開発を積極的に推進していきます。

 

【発電所概要】

発電所名 : ユーラス福島川内ソーラーパーク

所在地  : 福島県双葉郡川内村大字上川内字高塚

総出力  : 4,000kW(交流)5,000kW(直流)

モジュール: シリコン系単結晶太陽電池(三菱電機社製)

枚数   : 約19,000枚

 

 

2015年03月26日 - 福島県における大型太陽光発電所の安全祈願祭開催

当社グループが、福島県双葉郡川内村で開発を進めているユーラス福島川内ソーラーパーク(総出力4,000kW(交流))の安全祈願祭が、3月25日に川内村 村長をはじめとする地域の方々や工事関係者の参列のもと執り行われました。

この施設は9ヘクタールの土地に、約1万9,000枚の太陽光パネルを設置するもので、発電した電力は近傍のユーラス滝根小白井(たきねおじろい)ウインドファームの変電所に接続し、既設の当社送電線を活用して、新福島変電所へ送電する計画となっています。

4月より工事着工となり、営業運転開始は2016年1月を予定しています。

当社グループは福島県で既に風力発電1件と、太陽光発電2件を操業しており、本件は同県においては4件目の事業となります。当社グループとして福島県を重要地域の一つとして、今後も積極的に推進していきます。

 

≪発電所概要≫

発電所名  : ユーラス福島川内ソーラーパーク

所在地    : 福島県双葉郡川内村大字上川内高塚

総出力    : 4,000kW(交流)5,000kW(直流)

モジュール : シリコン系単結晶太陽電池(三菱電機社製)