Our Project

2016年04月18日 - 豪州ヴィクトリア州における風力発電所の竣工について

当社グループが豪州で建設を進めていたCoonooer Bridge (カヌーアブリッジ)ウインドファーム(総出力19,800kW)が完成し、4月15日にオーストラリア首都特別地域(Australian Capital Territory – ACT州)の環境大臣を始めとする関係者ら参列のもと竣工式が執り行われました。

このプロジェクトは、豪州の風力発電事業者であるWindlab Development社(以下WLD社)が開発した案件に当社が参画したもので、メルボルンの北西約250 kmのカヌーアブリッジに、1基あたり3,300kWのヴェスタス社製風力発電機を6基設置したものです。本件は近隣住民も出資している地元密着型の発電所で、2016年4月1日より営業運転を開始しております。また、ACT州との間で20年間の長期売電契約を締結しておりますが、同州に対して風力による電気の供給はこの案件が一番最初になります。

この発電所は当社グループとして豪州では2件目、南半球では3件目のプロジェクトとなり、当社が南半球で所有する風力発電の設備容量は11万4,300kWとなりました。

豪州を含む南半球は、今後も成長が見込まれる当社グループにおける主要マーケットの一つであり、全世界でバランスの取れたポートフォリオを目指し、さらなる事業展開を進めていきます。

Coonooer Bridge Wind Farm概要】

・所在地    : オーストラリア、ヴィクトリア州(メルボルン北西約250 km)

・発電規模   : 19,800kW (3,300 kWx6基/ヴェスタス社製)

・営業運転開始 : 2016年4月

・出資構成   : ユーラスエナジーグループ   約80%

              Windlab Development社     約16.2%

               地域住民(Community)    約3.8%

・売電先    : オーストラリア首都特別地域

                           (Australian Capital Territory – ACT州)

 

2015年07月08日 - 豪州ヴィクトリア州における風力発電所の建設について

当社グループが豪州で推進しているCoonooer Bridge (カヌーアブリッジ)ウインドファーム(総出力19,800kW)の着工式が7月3日にオーストラリア首都特別地域(Australian Capital Territory – ACT州)の環境大臣を始めとする関係者ら参列のもと執り行われました。

このプロジェクトは、豪州の風力発電事業者であるWindlab Development社(以下WLD社)が開発した案件に当社が参画したもので、メルボルンの北西約250 kmのカヌーアブリッジに、1基あたり3,300kWのヴェスタス社製風力発電機を6基設置するものです。本件は近隣住民も出資しており、地元密着型の発電所です。営業運転開始は2016年3月を予定しており、ACT州との間で、20年間の長期売電契約を締結しています。

この発電所は当社グループとして豪州では2件目、南半球では3件目のプロジェクトとなり、完成すると当社が南半球で所有する風力発電の設備容量は10万kWを突破します。豪州を含む南半球は、今後も成長が見込まれる当社グループにおける主要マーケットの一つであり、さらなる事業展開を進めていきます。

 

Coonooer Bridge Wind Farm概要】

・所在地    : オーストラリア、ヴィクトリア州(メルボルン北西約250 km)

・発電規模   : 19,800kW (3,300 kWx6基/ヴェスタス社製)

・営業運転開始 : 2016年3月(予定)

・出資構成   : ユーラスエナジーグループ   約80%

          Windlab Development社    約16.2%

          地域住民(Community)    約3.8%

・売電先    : オーストラリア首都特別地域(Australian Capital Territory – ACT州)