Our Project

2016年10月12日 - フィンランドにおける当社初の風力発電事業について

当社グループは、オランダのABN AMRO銀行傘下のファンドであるMaas Capitalおよびオランダの大手風力発電開発業者であるYARD ENERGYグループが保有するフィンランドの2つのウインドファームを譲り受けました。これにより当社グループは世界10カ国で事業を展開することになりました。

 2つの発電所はヘルシンキから北側に300キロメートルほど離れたところにあり、1基あたり2,500kWのラガウェイ社製の風車を合計11基設置したもので、総出力は27,500kWです。

 フィンランドは、寒冷な気候のために暖房用のエネルギー需要が大きく、製紙・パルプ、冶金産業などエネルギー多消費型産業が立地し、国民1人あたりの一次エネルギー消費量は世界でもトップクラスとなっています。一方、エネルギー資源に恵まれておらず、石油、天然ガス、石炭は、輸入に依存しているため、エネルギー安定供給の確保はエネルギー政策上の中心的な課題であり、政府としては2030年までに再生可能エネルギーの割合を50%にするという目標を掲げております。

 当社グループとしては今回の風力発電所の取得を足がかりに、ヨーロッパにおける更なる事業展開を進めていきます。

【風力発電所概要】

・発電所名および規模 :
  Kankaanpäänmäki(カンカーンパーンマキ) 7,500kW/3基    2015年操業開始 
  Mustaisneva     (ムスタイスネヴァ)     20,000kW/8基    2016年操業開始

・所在地                        :フィンランド 南ポフヤンマー県 

・売電先                       :Axpo Finland (アクスポ フィンランド)